"/>

子育て情報満載!ベビーグッズ、マタニティーグッズの人気商品を比較&ランキングでご紹介☆

Baby-World

スポンサーリンク

赤ちゃんの為のベビーグッズ

赤ちゃんに安心・安全なベビーソープ!おすすめランキング

更新日:

スポンサーリンク

赤ちゃんの肌はお大人の3分の1の薄さしかありません。

そんなとてもデリケートな肌を洗うベビーソープはできるだけ刺激が少ないものを選びたいですね。

ベビーソープの多くは固形タイプ、泡タイプのものがあります。

今回はこの二つのタイプのメリット・デメリットや成分について見いていきたいと思います。

それらを見た上で私のおすすめベビーソープをご紹介しますが、
それぞれのご家庭で重視する点を考え、

ベビーソープ選びの参考にしていただけたらと思います(*^-^*)

 

◇固形タイプ

【メリット】
余計な成分が入っていない

 固形石鹸の材料はシンプルなため、

 肌に刺激があるものは極力入っていない商品が多いです。

保湿性に優れている

【デメリット】

泡立てるのが手間

 赤ちゃんをお風呂に入れるときは片手で赤ちゃんを支えているのでもう片方の手で泡立てなくてはいけません。
 
 先に泡立てておくなど少し工夫する必要があります。

 

◇泡タイプ

 

【メリット】

泡だてる手間がなく洗いやすい

 ボトルになっているのでワンプッシュで泡が出てきて片手でも洗いやすいですね。

洗浄力に優れている

【デメリット】

成分に余計なものが含まれている事が多い

 同じメーカーが出しているベビーソープでも固形タイプか泡タイプかで成分は違ってきます。

 泡タイプは合成界面活性剤、洗浄剤などが含まれます。

 洗浄力は良いですが、強すぎても赤ちゃんの肌に刺激を与えることになります。

 

 

ベビーソープの成分で「余計なもの」とは?

固形タイプは材料がシンプルというふうに書きましたが、成分としてよく表示されているのが

「石鹸素地(あるいはカリ石鹸素地)」

…はて?石鹸素地???(;´・ω・)

 

石鹸素地とは

植物油脂や動物油脂の中に含まれる脂肪酸水酸化ナトリウム水酸化カリウムを混ぜて化学反応をさせたものを言います。

つまり石鹸はこの化学反応がなければできないものなんですね。

そしてこの石鹸素地以外に添加物がないものを無添加石鹸とされています。

固形タイプのベビーソープの多くはこの「石鹸素地」のみで作られているものが多いので「余計なもの」が入っていない場合が多いんですね。

無添加石鹸ではないものには香料、着色料、酸化防止剤、合成界面活性剤、保存料などを添加しています。

つまり上記のような石鹸素地以外に添加されているものが「余計なもの」です。

「合成界面活性剤」はそのまま「合成界面活性剤」ではなく、成分表示に次のように表示されています。
ラウロイルメチルアラニンNa
ココアンホジ酢酸2Na
ココイルアラニンTEA

保存料も同じく
メチルパラベン
プルピルパラベン

などと表示がされています。

一目ではわかりにくいですね。

ところで、石鹸界面活性剤の一種であることをご存知でしょうか。

界面活性剤とは

水と油という本来混ざり合わないものを混ざり合う状態にするものです。

それによりお肌の皮脂汚れを洗い流すことができるんですね。

界面活性剤は
・石鹸

・合成界面活性剤

・天然界面活性剤

の3種類があります。

なので石鹸素地のみで作られている無添加石鹸も界面活性剤ということになります。

なんだかイメージの良くない界面活性剤ですが、

石鹸自体が界面活性剤だと聞いて神経質になりすぎることもありません。

石鹸は合成界面活性剤に比べて製法がシンプルで水に薄まると界面活性作用を失うという性質を持っています。

一方で、合成界面活性剤は洗浄力が高い代わりに肌への刺激が強すぎることがあります

赤ちゃんが使用するベビーソープとして選ぶ場合は、合成界面活性剤の使用の有無は確認すると良いと思います。

 

これらを踏まえて…


私自身がおすすめするのは赤ちゃんの肌に使うのは

合成界面活性剤・香料・着色剤・保存剤を使用していないベビーソープです。

なので今回は人気ランキングではなく、

余計なものが入っていない!

でもママたちの使い勝手も考えたい!

ということで固形タイプ、泡タイプ別私のおすすめベビーソープのご紹介です!

スポンサーリンク

ベビーソープ【固形タイプ】おすすめランキング

☆1位☆ シャボン玉 ベビーソープ

低刺激で保湿性に優れているアボカドオイルを原料としています。

全成分が石鹸素地100%と無添加のベビーソープです!

赤ちゃんから家族みんなが安心して使える石鹸ですね。

 

 

☆2位☆ ミヨシ 無添加 白い石鹸

こちらも全成分が石鹸素地100%!

本釜焚きの純石鹸です。

化学合成物質を一切添加していません。

コスパも良くて言うことなしです☆

 

☆3位☆ 坊ちゃん石鹸

厳選された天然の牛脂とヤシ油をたっぷり使用。

添加物を一切使用しない成分石鹸素地のみの純粋無添加!

安心・安全な石鹸です。

 

ベビーソープ【泡タイプ】おすすめランキング

☆1位☆ シャボン玉 ベビーソープ 泡タイプ

 

シャボン玉 ベビーソープ 泡タイプ 400ml(無添加石鹸)[シャボン玉石けん シャボン玉せっけん ベビーボディシャンプー]【あす楽対応】

 

固形タイプでもご紹介しましたがこちらは泡タイプ!

低刺激で保湿性に優れたアボカドオイルと上質な天然油脂を原料に、釜炊き製法(ケン化法)でじっくり炊き上げて作られています。 

赤ちゃんはもちろん、敏感肌や乾燥肌の子供から大人、高齢の方まで使える安心な無添加せっけんです。

じつはうちが使っているのもシャボン玉石鹸のこのタイプです!

まだ3カ月の三男。

シャボン玉石鹸のボデイソープを使っていますが、洗った後もすべすべしています。

保湿クリームをつけなくても肌トラブルも今のところありません☆

全身に使えるのでこれ一本ですみます☆

おすすめですよ!

 

 

☆2位☆ ミヨシ 無添加 泡で出てくるベビーせっけん

こちらも固形タイプでもご紹介しましたね。

泡タイプになっても成分は水とカリ石鹸素地・石鹸素地と余計なものは入っていません。

ベビー用によりやさしくアレンジされおだやかな泡で優しく洗えます。

 

☆3位☆ Dolci Bolle(ドルチボーレ) ベビーソープ

 

赤ちゃんのデリケートな肌のことを考えて、余計なものを入れず無添加で、

とにかく低刺激にこだわり作られた全身洗えるベビーソープです。

こちらの商品、非加熱天然水の天使の希水100%使用、水溶性ケイ素濃縮溶液UMO(ウモ)配合でセラミドと類似成分のコメヌカスフィンゴ糖脂質とヒアルロン酸配合で沐浴後もしっとりとお肌を潤わせます!

使い手であるママ・パパのことを考えて泡タイプを採用し、片手でもすすぎ残しがないようにさっと流せる泡切れの良さも特徴です☆

今回は赤ちゃんのはだのことを考えて私がおすすめするオリジナルランキングとして紹介しました!

どこを重視するかはご家庭それぞれだと思います。

ご家庭に合ったベビーソープを選ぶ参考になれば嬉しいです(*^-^*)

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

-赤ちゃんの為のベビーグッズ
-, , , , , , , , , , , ,

Translate »

Copyright© Baby-World , 2019 All Rights Reserved.