"/>

子育て情報満載!ベビーグッズ、マタニティーグッズの人気商品を比較&ランキングでご紹介☆

Baby-World

スポンサーリンク

日常ブログ

お久しぶりです!

更新日:

かなり久しぶりの更新です💦

と言っても日常ブログはこの投稿が初めてですが(*´з`)

このサイト自体の更新が止まっていました…

記事もなかなか新しいものが書けず、気づけばこんなに月日が経ってしまいました(´`:)

実は2017年11月に妊娠が発覚し、それ以降悪阻が酷く悪阻と仕事でいっぱいいっぱいの日々を送っていましたm(_ _)m

本当は妊娠中の頃から様子を日常ブログにアップしたかったのですが…

細かい文字や作業をすると気持ち悪くなり…できませんでした。(言い訳ですね(^0^;))

そんなこんなでマタニティー期を一気にスルーし、先日男の子を無事出産しました!

今はまだ新生児に翻弄される日々を送っていますが、

今度こそ!ちょこちょこと子育ての様子も日常ブログに更新していきたいと思います(^-^)

 

さてせっかくなので妊娠中の話を少し…

上の子2人の時のことも交えながら書いていきます。

今回で3人目の妊娠となりましたが、やはり振り回されたのがTU・WA・RI、そう『悪阻』です。

悪阻には、食べていないと気持ち悪くなる食べ悪阻と

気持ち悪くて食が進まない悪阻にひどいと吐いてしまう吐き悪阻があります。

私の場合は3人とも気持ち悪くて食べられない感じでした。

吐くほどまではいきませんでしたが、長男の時は特に匂いに敏感でよく言われるご飯を炊く匂いや部屋の匂い(外から帰ってきて家に入る時など。自分の家なのに…)

とにかくあらゆる匂いがだめで、料理は嗚咽しながら作りました(汚くてごめんなさい。)

あまり作ることもできていなかったんですけどね。

そして毎回ご飯は気持ち悪くて食欲も一切ないのですが、

食べないと赤ちゃんに栄養がいかないから無理にでも食べなきゃ!と、泣きながら嗚咽しながら一口二口食べていました。

長男の時はそんな感じで無理しながら食べていたのですが、

実際は悪阻で気持ち悪くて食べられなくても不安がることはありません。

お母さんが食べられなくても赤ちゃんはお母さんの体にストックされている栄養をちゃんともらっています。

ただ、水分も摂ることができない場合は受診し産婦人科医に相談しましょう。

水分も摂れないひどい悪阻の場合は点滴をすることもあります。

 

そして次に次男の時!

次男を妊娠中は長男がまだ1歳だった為、どんなに気持ち悪かろうが長男の世話をしなくてはいけません。

もう、這いつくばりながら世話をしていましたね。

とはいえ、世話をしなきゃいけないと気もまぎれたせいか、長男の時よりは軽かったと思います。

ちなみに次男の時も匂いがだめで常に気持ち悪い状態でした。

 

そしてそして今回の3人目もやはり悪阻はありました。

悪阻は体が慣れるとかそういうものではないので何回妊娠したってあるものはあるんですね。

3人目も同じく常に気持ち悪いのと何か口に入れた後の口の中の後味や匂いが気持ち悪くて仕方ありませんでした。

ただ今回違ったのが、悪阻は個人差はもちろんありますが、多くは3カ月前後には治まるんですね。

上2人の時も安定期に入る5カ月までには治まっていました。

ところが今回は待てど暮らせど悪阻が治まらないではないですか。

もうすぐだから…とずっとこの気持ち悪さがなくなるのを信じていたのに…

安定期を迎えても臨月に入っても治まらず、結局出産するまで続きました…

もちろんこういうパターンもあるんですが、今回は仕事も出産するまでしていたのできつかったですね。

1日1日をなんとか乗り切ることを考え過ごしました(;´∀`)

ですが、とにかく無事に生まれてきてくれたことに感謝しかありません!

そして悪阻が消えたことが嬉しいです!

あの口の中の後味、気持ち悪さがなくご飯をおいしく食べられるのはなんてありがたいことでしょう!

ちなみに私が悪阻中にお世話になったのは、炭酸水とチョコレートでした!

それだけ?って感じですが炭酸水は神です。

チョコレートは後味の気持ち悪さを消してくれて、チョコレート自体に後味の気持ち悪さは感じませんでした。

と、悪阻のみの話になってしまいましたが、

出産レポートもまた改めて書きたいとおもいます!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-日常ブログ
-, , , , , ,

Translate »

Copyright© Baby-World , 2019 All Rights Reserved.