"/>

子育て情報満載!ベビーグッズ、マタニティーグッズの人気商品を比較&ランキングでご紹介☆

Baby-World

スポンサーリンク

こどもの病気

こどもの病気【手足口病】

投稿日:

スポンサーリンク

手足口病

◇主な症状
手のひら・足・口内に2~3mmの水疱性の発疹
発熱、口内炎

◇感染経路
飛沫感染
接触感染
糞口感染(便の中に排泄されたウイルスが口の中に入って感染)

◇潜伏期間
3~6日

◇主な流行時期

◇かかりやすい年齢
5歳以下

◇合併症
髄膜炎、小脳失調症、脳炎、
心筋炎、神経原性肺水腫、急性弛緩性麻痺

◇登園の目安
発熱や口腔内の水疱・潰瘍の影響がなく、普段の食事がとれること

 

主に夏に流行する手足口病はウイルスの感染によって起こる感染症です。
例年およそ9割が5歳以下の乳幼児が占めています。

病気の原因は主にコクサッキーウイルスA6、A16、エンテロウイルス71というウイルスです。
コクサッキーウイルスA10が原因になることもあります。
手足口病は発症後、一週間から10日ほどかけて徐々に治っていきます。
ですが症状が治まってもウイルスはまだ体内に存在しています。
つば・唾液・鼻水には約二週間、排泄物には約1カ月残ります。
つまり症状が現れてから約1カ月間は感染力があるということになります。

学校保健安全法では、インフルエンザなど(強い感染力があり重症化しやすい)、感染した場合に登園・登校停止となる病気を定めていますが、手足口病は登園・登校停止の病気には定められていません。
ですが保育園や幼稚園によっては登園届を提出しないといけない場合もあるので、
感染した場合は医師の意見も聞いたうえで通園する保育園や幼稚園に問い合わすと良いでしょう。

手足口病は入浴することで悪化することはありませんが、感染する可能性があるので入浴する際には最後に入ったり同じタオルは使わないようにしましょう。

手足口病には特別な治療法はありません。
ですが、口内の水疱が破れたり口内炎がある場合は痛みを伴うので食欲が減退するお子様も多いようです。
そうなると食事を摂るのも難しくなってくると思いますので、そのような時は口当たりやのどごしが良いゼリーやヨーグルト、アイスクリームなど少しずつ与えてあげると良いでしょう。
水分補給は脱水症状予防の為にこまめに摂りましょう。
水分を摂る時はストローを使ってあげると水疱に触れるのが少なくなり飲みやすいと思います。
お子様の症状が良くなるまではお家で適切なホームケアをしてあげてくださいね。

こどもの病気一覧

 

 

スポンサーリンク

-こどもの病気
-, , , , , ,

Translate »

Copyright© Baby-World , 2019 All Rights Reserved.