"/>

子育て情報満載!ベビーグッズ、マタニティーグッズの人気商品を比較&ランキングでご紹介☆

Baby-World

スポンサーリンク

お悩み

自転車にあっという間に乗れるようになる方法

更新日:

スポンサーリンク

自転車に乗れるようになるためには、ほとんどの子が自転車の練習を経験しますよね。

そしてその練習に付き合うママ・パパもどうやって練習させようかと考えるのではないでしょうか。

皆さんは子どもの頃にどのような練習をしたか覚えていますか?

私はよ~く覚えています。

夏でも長袖長ズボンで頭にヘルメット、肘と膝にはサポートをつけて転ぶ前提の格好で自転車に挑むわけです。

お母さんが自転車の後ろを支えて走り勢いが出てきたら手を離すという。

「絶対離さないでね!まだだよ!まだ離さないでね!」って言ってるのに次の瞬間には自転車が倒れて転んでる、あの手法です。

それで私は見事自転車に乗れるようになったわけですが、何度転んでお風呂の度に絶叫したでしょう。

歳は年長か1年生くらいだったと思いますが、鮮明に覚えているということは…痛かったし辛かったんでしょうね。

でも、こういう経験は必要だと思います。

努力することの大切さ。

痛みや辛さを乗り越えて何かを習得できた達成感。

ですが…もしも、もっと短期間で簡単にしかも本人は楽しみながら自転車に乗ることができたら?

それが一番ですよね(笑)

短期間で習得できた分、他の時間を違う事にも使えますし、何より今は共働きのご家庭も多いです。

なかなか自転車の練習時間を取るのも難しいですよね。

そこで、我が家の息子2人がすぐに自転車に乗れた方法をご紹介します!

って、ある商品のおかげなんですがね!

ご存知の方も多いでしょう。

「ストライダー」です!

 

このストライダーのお陰で息子たちはすんなりと自転車に乗れるようになりました!

ストライダーとはペダルがない自転車のようなものです。

遊び方はサドルに座りハンドルを持って足の力で地面を蹴って交互にさかさかさかと動かして移動します。

慣れてくると勢いをつけて両足を地面から離してすい~っとすることができます。

…そう、ここです!もう一度。

慣れてくると勢いをつけて両足を地面から離してすい~っとすることができます。

お気づきでしょうか?

自転車に乗れるようになるための重要なポイントは、足を地面から離した状態でバランスを保つことですよね。

それを習得するために私も何度も転びながら感覚を掴んでいったわけですが、

このストライダーで遊ぶことによって自然に足を離した状態でバランスをとるという事が身についてしまうんですね。

なのでお子さんががストライダーで両足を離して遊んでいたら、もう準備OKです!

ちなみに長男がストライダーから自転車練習に移ったのは、

年中の秋ごろで年内には乗りこなして色々な所へ自転車で行くことができました。

次男は年長の夏前で、夏中には乗りこなしていました。

さて、話を戻します。

ストライダーでバランス感覚を掴んだら次はいよいよ自転車です。

自転車にはペダルがついていますね。

最近は取り外しが簡単なものもありますから、簡単なら最初は外してストライダーのようにするのも良いと思います。

我が家はペダルがついたままでしたが、ペダルがついていると平らな地面ではストライダーのようなことがしにくいです。

そこで我が家がやったのは、公園にある緩やかな坂から足をつけずに下ることです。

※坂を探す時は坂の延長に道路があったり交差点で人や車と接触するおそれがある場所は絶対に避けてください。

ストライダーのおかげでこれは難なくクリアー。

次にペダルに足を乗せて下ります。

片足をペダルに乗せ、もう片方の足で地面を蹴り出して勢いついたらペダルに乗せるという流れです。

ただペダルに足を乗せるだけの動きができたらペダルを回す事もやってみます。

これは最初怖がっていましたが何度かやるうちにこれもクリアー。

ここまでは一日でクリアです。

次はもう最後のステップです。

今までは坂の傾斜の力を借りて勢いをつけることができましたが、平らな道で自分の力で勢いをつけられるようにならないといけません。

いよいよ平らな道での練習です。

片足をペダルに乗せ、もう片足は地面に置いておきます。

ペダルに置いている足を思い切り踏み込んでもう片足を素早くペダルに乗せてそのまま力強くこぎます。

ここである程度のスピードが出ていないとバランスを取るのが難しくなってしまうので力強く踏み込む事と両足をペダルに乗せたら怖がらずにさかさかとペダルを回させる事がポイントです。

息この両足をペダルに乗せた瞬間にバランスを取りこぎ出していくのが最後の難関かもしれません。

息子達はここで数回転んでいます。

何十回と転んだ私に比べれば数回だけで済んで羨ましいです。(私の運動神経の問題もありますが。)

この最後のステップで完全にバランスを取ってこぎ始める事ができたのは最初の練習スタート日を除いて2、3日くらいでしょうか。

早くありませんか?

ちなみに息子達は恥ずかしながら運動神経は良くありません…(--;)

なので勘の良いお子さんは一日で習得できるかもしれません。

また転ぶ事への恐怖心が強いお子さんはもう少しかかるかもしれませんが、ストライダーから入って練習したのと一から自転車練習したのでは、圧倒的にストライダーから入って練習した方が早いと思います。

自転車練習の為にストライダーを買うわけではなく、ペダルを取った自転車で練習するのでも良いと思います。

我が家はたまたま流行っていたストライダーを買い、そのまま自転車練習をさせたらすんなりと乗る事ができたました。

もし今自転車練習でつまづいていたり、そろそろ自転車練習を考えているママ・パパの参考になれば嬉しいです!

※ストライダーにはブレーキはなく、自分の足がブレーキとなります。
このブログでは我が家の自転車が簡単に乗れるようになった方法としてストライダーをご紹介していますが、けがや事故等の責任は負いかねます。
乗る際には必ずヘルメットを着用し、肘・膝のサポートもつけることもおすすめします。

 

スポンサーリンク

-お悩み
-, , , , , , ,

Translate »

Copyright© Baby-World , 2019 All Rights Reserved.