"/>

子育て情報満載!ベビーグッズ、マタニティーグッズの人気商品を比較&ランキングでご紹介☆

Baby-World

スポンサーリンク

赤ちゃんの為のベビーグッズ

赤ちゃんの手先トレーニング①

更新日:

スポンサーリンク

赤ちゃんの小さな手、小さな足。

まだふにゃふにゃしていて、泣いている時にはパタパタと動く手足。

とても愛おしいですね。

こんな小さな手と足ですが、もちろんそこから受けた刺激は脳へと伝わり脳への刺激となります。

最初は自分の手という認識もしていない赤ちゃんですが、自分の目の前で動く手を見て、自分の意思で動かすことができることに気づいていきます。

そしてその小さな手で様々な物に触れ、たくさんの感覚を覚えていきます。

手や足は赤ちゃんにとって情報を集めるための大事なアンテナです。

そんな赤ちゃんの手足・指先に日々の生活の中でもなるべくたくさんの刺激を与えていきたいですね!

 

今回は我が家が行っていた刺激のトレーニング、特に手の指先のトレーニングを一つをご紹介したいと思います。

赤ちゃんの手先トレーニングの方法

トレーニングといっても、難しいことはしません。

なにより子育てはやることがいっぱい!

色々やってあげたいけれど、そんな余裕がありません(私の場合 笑)

子育て中のママとパパが楽に簡単に!

赤ちゃんにとっても楽しいおいしいトレーニング方法です!

 

離乳食が始まって手づかみ食べができるようになった頃、私がおやつとして出していたのがボーロです。

小さくて丸いボーロ。

おいしいですよね。

私もいまだに大好きなボーロです。

 

さて、そんなボーロですが、最初の頃は赤ちゃんは掴めずにつるんとすべってしまいます。

また人差し指と親指で掴むという事もまだ分からないので手のひら全体で掴もうとします。

これが手先の刺激にはとても良い動き!

食べたいから頑張って小さな手で掴もうとします。

徐々に試行錯誤を繰り返して少ない指の方が取りやすいとかボーロをお皿の端まで追い詰めるとすべりにくいなど学習していくんですね。

そしてボーロにも大きさの種類があります。

最初はよくお店で見かける大きさのボーロから始めていき、完全に掴めるようになったら小さめボーロを試してみてください!

ちなみに次男は卵アレルギーの為、ボーロはNGだったので、おせんべいを細かくしてあげていました。

おせんべいの方がボーロより取りやすいですが…

小さいものを集中して手で掴む。という事に関しては変わりません。

私がもっとママ力が高ければ卵なしの手作りボーロを作ってあげられたんですけど…

毎回は無理でした…

でも日々のちょっとした所を変えただけの簡単刺激訓練ですが、その甲斐あって?長男も次男も手先はとても器用で細かい作業大好きです!

3男はこれから実践です!

そんなわけで、おやつをあげる時にもちょっと手先の刺激にお試しください!

スポンサーリンク

-赤ちゃんの為のベビーグッズ
-, ,

Translate »

Copyright© Baby-World , 2019 All Rights Reserved.