"/>

子育て情報満載!ベビーグッズ、マタニティーグッズの人気商品を比較&ランキングでご紹介☆

Baby-World

スポンサーリンク

日常ブログ

2人目出産レポート

更新日:

スポンサーリンク

今回は2人目、次男の時の出産レポートです。

最初に言ってしまうと、次男の時はスーパー安産でした!

長男は出産予定日より2週間早く生まれたのですが、次男は予定日より3週間早く生まれました。

正周期(37週)に入ってすぐ生まれたんですね。

37週になった日は病院の健診日でした。

経験された方もいるかと思いますが…

出産が近づいてくると子宮口を刺激して陣痛を促進させる為、内診グリグリをする事があります。

正式には「卵膜剥離」と言い、病院や先生によってはやらない事もあります。

この内診ぐりぐりで出血する場合もあります。

次男の時の担当の先生は、37週になった日に「ちょっと子宮口刺激しますね~」と、グリグリグリグリ…

私「ぐっっっっ………」

これ、痛いんです(;_;)

その後はずっと刺激された痛みがありました。

そしてその夜です。

内診の痛みも大分落ち着いてきた所でいつも通り就寝しました。

明け方4時頃。

お腹に違和感があり目を覚ましました。

まだ弱いですが痛みもあったので、すぐに陣痛だと判断。

2人目だから変に気持ちに余裕があったのかとても冷静でした。

入院でしばらく家に帰れないからと簡単に部屋の片付けをしゴミを集めてからシャワーを浴びました。

シャワーから出て、ここでようやく主人を起こし病院にも電話しました。

隣に住む義母にも連絡して長男の事をお願いする旨を伝えました。

この時点で間隔は10分を切っていました。

シャワーを出てから急速に痛みが強くなっていましたが、主人が長男を義母宅に連れていき車を出してる間に私はゴミ捨てへ。

車に乗り込んでから病院への道のりではかなり痛みが増し、

私「痛い、痛い~。部屋の片付けなんかするんじゃなかった!」と、勝手な事を言っていたのを覚えています。

病院に着いたら看護婦さんが車イスを用意してくれていて、車イスに乗って内診室へ。

子宮口のチェックをした看護婦さんが慌てて

看護婦さん「子宮口がほぼ全開だわ!もう生まれちゃう!」と。

場は急に慌ただしくなり、車イスで急いで分娩室へ。

分娩室に着くなり看護婦さんは手際よく準備を進めていました。

痛みはかなり強くなっていたので私はされるがまま気付いたら足を広げて生む体勢に。

そして次の瞬間には

赤ちゃん「んっぎゃ~」

と生まれました。

そして生まれた瞬間に先生が到着。

助産婦さん(あるいは看護婦さん)が次男を取り上げてくれました。

今回はいきんだという記憶もなく、つるん。と生まれてきてくれました!

次男は陣痛開始から3時間強の超安産でした。

経産婦は陣痛からお産が早いと聞いていましたが、こんなに早く進むとはびっくりです。

※もちろん個人差はあります。平均的に初産より早く生まれるケースが多いですが、経産婦でも初産以上にかかる方もいます。

平均的には経産婦さんは初産より早くなる傾向があるので、経産婦さんは20~15分間隔の時点で病院に連絡をし、私のように部屋の片付けやゴミ出しなどせず、早めに病院に向かった方がいいですよ(。・_・。)ノ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-日常ブログ
-, , , , ,

Translate »

Copyright© Baby-World , 2019 All Rights Reserved.