"/>

子育て情報満載!ベビーグッズ、マタニティーグッズの人気商品を比較&ランキングでご紹介☆

Baby-World

スポンサーリンク

日常ブログ

我が家の子育て困ったエピソード①

更新日:

スポンサーリンク

こんにちは!

子育てしているママさんパパさんお疲れ様です!

今回は我が家の子育てで困ったエピソードを書いていきたいと思います。

 

我が家の長男のお困りエピソード

我が家には息子が3人いるのですが、長男2歳、次男0歳(10ヶ月頃)の時の話です。

長男と次男は学年は2つ離れていますが、ほとんど年子のような感じです。

長男は2歳から通える自宅近くのプリスクールに週に2回通っていました。

プリスクールの近くにはいつも行っている公園があるのですが、長男はプリスクールに行った帰りには必ず行きたいと言います。

行ける時はなるべく行ってあげたいのですが、次男がまだおっぱいを飲むのでなかなかタイミングが難しいんですよね。

というのも公園に一度行ったらなかなか帰らない長男。

おっぱいを飲みたくなって次男が泣き喚いても聞いてくれません。

次男はベビーカーは泣くのでほとんどおんぶ紐だったのですが、おんぶ紐だと長男が駄々をこねても抱き上げて帰る事ができないんですよね。

だから何とかうまいこと言って長男を家まで帰らせないといけないのですが、まぁ~至難の業ですよね。

2歳のイヤイヤ期まっただ中の遊びたい盛りのお子しゃまが聞いてくれるわけないんですよ。

最初は優しく『〇くん、次男くんがお腹空いたみたいだから帰ろ?〇くんもおやつ食べよ?』と持参したおやつをチラつかせても全くの無視。

食いしん坊でおやつには目がない長男がこれで聞いてくれない時は長期戦の合図です。

めげずに何度かおやつ作戦を試みますが、長男は聞かないし次男は泣きまくるしで私はイライラMaxです。

でも周りの目をめちゃくちゃ気にするチキンな私は声を荒げたりする事ができず…

ただひたすら次男をあやしながら長男が満足いくまで待つ…という事が何回か続きます。

これではいかんと次男にベビーカーに慣れてもらおうとベビーカーで出動!

やはり次男は泣きますが、これなら両手が使えるので最悪長男を抱きかかえて帰れます。

ところが、まぁ予想通りですが暴れる暴れる…

体も大きくむっっちりな長男。

泣いて手足をばたつかせ、私の顔や腹をたたいて蹴って大暴れです。

片手で暴れる長男を抱きかかえ、もう片方でベビーカーを押して帰ります。

腕の限界を感じながらも一度降ろしたらダッシュで公園に戻られるので、体勢が崩れても絶対降ろすもんかと耐え抜きました。

おかげで腕はパンッパンです。

時には、次男をおんぶしてベビーカーに長男を乗せる事も。

とは言ってもすんなり乗ってくれるわけないので、長男が遊具のネットで遊ぼうとした時にベビーカーと共にネットの近くにいき、次男をおんぶしたまま油断している長男をササッと抱き捕まえてベビーカーに乗せてちゃちゃっとシートベルトをつけるなんて荒技もやりました。

そんな長男と格闘する日々に疲れていく私。

ですが、一番困った長男の行動はこれ。

毎度の事ながら聞いてくれない長男に

私『もうママ帰るからね!バイバイ!』と言ったところ、

『まだ遊ぶーーー』と泣いて私を引き止めにくる長男。

泣きまくる長男を横目に、最近の子育てに疲れ果てていた私は遠くを見ながらカラカラとベビーカーを押して帰ろうとしました。

すると長男は、なんとベビーカーの下に潜り込みタイヤ部分を持ってベビーカーが動かないようにがっしりと掴んできたのです…

私『(おぉぉ…マンガみたいなってる)』と、やけに冷静に傍観する私。

ベビーカーの下で泣きまくる長男に周りの人達は注目し、おばちゃんは『あらあらどうしたの~大丈夫?』と話しかけてくれます。

私『公園でまた遊びたいようですが、下の子におっぱいあげなきゃいけなくて~』と説明。

おばちゃん『あらそうなの~。じゃあもっと遊ばせてあげたらいいのに~』

私『…あはは。そうしたいんですけどねー…』

おばちゃん『子どもは思いきり遊ばせてあげればちゃんと疲れて帰るから。』

そんなのは分かっていますし、この状態でのプチ説教は正直キツイ。

なんの解決もせずに言いたい事だけ言っておばちゃんは立ち去っていきました。

長男と次男は泣いたまま。

ベビーカーの下からはどうにか出てきてもベビーカーを引っ張る長男ごと少しずつ移動すると、また違うおばちゃんが話しかけてきます。

私はまたこの成り行きを説明。

状況は全く変わらない、さっきと同じ流れ。

私『(もうほっといてよ…)』

最近の育児疲れとこの状況に私は耐えられなくなり泣きながら帰りました。

 

ベビーカーを引っ張りながら泣き喚く子どもと泣いている赤ちゃんを抱っこしてベビーカーを押す母親というこの絵は端から見たら凄まじかったでしょうね…(^^;)

今となっては、こんなことがあったんだよと長男と次男に話して笑っています。

 

今、子育て真っ最中のママさんパパさんへ

子育ては楽しい事嬉しい事だらけではなく辛い事もいっぱいあると思います。

可愛い子どもを育てているのに辛いとか苦しいとか思うのはだめ。

子育てが辛いなんて人には言えないなんて思わないでください。

私は長男の時、そんな風に思っていました。

ましてや保育士(保育士の資格を取ったばかりの時)が子どもに対してそんな風に考えてはだめだと…

ですが、そんな事は決してありません。

子育ては本当に本当に大変な事なんです!

辛い事があって当たり前です。

辛いと思ったら辛いと言ってください。

1人で抱え込まないでくださいね。

私は長男の子育て中、なかなか自分の気持ちを言えずどんどん自分を追い込んでしまった時期がありました。

人が人を育てる事が大変じゃないわけはないんです。

私は仕事柄、子どもの扱いに慣れてるし心配事も少なそう。子育てにあまり苦労してない。などと言われたりしますが、全くそんな事はありません。

十人十色。

長男には通用した事が次男には通用しないなんて事はいっぱいあります。

保育士として働いていても子ども達は本当にみんな違うので子育てに正解なんてないんですよね。

その子にあった方法を見つけるために毎回手探り状態です。

私は現在も子育て真っ最中です。

我が子は愛おしく可愛いですが、

大変な事、困った事、辛い事もたくさんあります。

これからも私の困ったエピソードを書いていくので、子育て中のママさんパパさんに少しでも安心やこんなこともあるんだなと共感してもらえたら嬉しいです。

スポンサーリンク

-日常ブログ

Translate »

Copyright© Baby-World , 2019 All Rights Reserved.